« 2020年9月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
2020年9月 5日

ワンタフトブラシ

こんにちは、じゅん歯科クリニックスタッフです。
みなさん、ワンタフトブラシはご存知ですか?
ヘッドが小さく普通の歯ブラシでは届きにくい部分を磨くことが可能です。
狭い部分での操作もできるため、プラーク除去が効率よく行えます。
しっかり磨きたい場合には毛先が鋭角のものや、ソフトに磨きたい場合はしなやかにフィットするものを使用します。
矯正中やお子様、歯列不正がある方はいつもの歯磨きの時に取り入れてほしいと思います。
歯科医院においてあるので気になる方は是非ご相談下さい。

Google +1
2020年7月14日

「食後3分以内に、3分間、1日3回」は本当?

基本的に、この原則は今も有効です。ただし、食品の変化に伴って、注意しなければならないことが出てきました。それは「強い酸」の食品を食べたり飲んだりしたあとは、すぐに歯を磨かないほうがよい、ということです。強い酸に触れた歯の表面は、一時的に荒れた状態になっているため、この状態で食後すぐにブラッシングをすると、歯の表面が削れてしまう、という危険が出てきます。そのためにこの場合は、食後3分以内に磨くのではなく、むしろ酸によって荒れた歯の表面を唾液が中和して、ある程度回復してからブラッシングを行ったほうが良いこともあるのです。気をつけましょう。
じゅん歯科クリニック スタッフ

Google +1
2020年7月 7日

口腔乾燥症

口腔乾燥症〔ドライマウス〕
原因は口呼吸、薬の副作用、唾液腺分泌障害、糖尿病などがあります。
口の中が乾燥すると、唾液によって洗い流せれるはずの食べカスが残ってしまい、虫歯や歯周病が生じやすくなります。
当院では、湿潤剤や保湿剤のご用意してますのでお声かけ下さい。
理学療法のマッサージもおススメです。

Google +1
2020年6月22日

歯間ブラシとデンタルフロス


どんなに丁寧に上手に歯磨きが出来る方でも、歯ブラシ1本でお口を清潔に保つことは不可能です。

歯ブラシの通らない歯と歯の間はデンタルフロスの使用が有効です!

また、歯の根元周りは歯ブラシが当たりにくいため、歯間ブラシのしようが有効になります!

歯ブラシにプラスして、補助清掃用具を使用し、効率よく綺麗なお口を保ちましょう!

当院では、セルフケア用品のセットを販売をしております。
お子様用もありますので、ぜひご家族でご利用下さいね。

Google +1
2020年5月15日

患者様の健康をお守りします^_^

じゅん歯科クリニックの院長の熊谷です。

感染予防のために効果的なサプリを紹介します。

自己の免疫力を高め、口腔内の菌質を改善し、口腔内の健康状態を保つ乳酸菌 L.ロイテリ菌 が配合されている

「バイオガイア亅というトローチタイプのサプリを販売しています。

風邪を引いた時などに病院で処方される抗生物質は、悪玉菌だけでなく善玉菌への殺菌効果もあって多用すると副作用もみられることがありますが、このL.ロイテリ菌は悪い菌だけを抑制するのです

感染予防のためにも、内側からの予防も大切です。また、当院ではインプラント治療を行う際、術前から患者さんに飲んでもらい免疫力を高めることもお勧めしています。

「バイオガイア」気になる方はぜひスタッフに声をかけて下さいね
 
じゅん歯科クリニックでは、感染予防対策を徹底しています^_^

Google +1
2020年5月 4日

口の中から健康管理を

こんにちは😃
どんどん暖かくなってきましたが、この時期は花粉症に悩まされる方も多いのではないでしょうか。また健康管理がより一層大事な期間でもありますので、まずはお口のクリーニングから全身のケアをしていきましょう。お口の健康は全身の健康へと繋がります。まずは当院にお越しいただき気になる事などございましたらお気軽にスタッフまでお問い合わせくださいね。お待ちしております!

Google +1

歯周病は歯を失う怖い病気

こんにちは!
じゅん歯科クリニックスタッフです。
「歯を失う怖い病気」というイメージが強い歯周病。ですが、テレビのCMなどで見られるように、短期間で歯がグラグラになって抜け落ちてしまうことはふつうはありません。統計的には、歯周病になりにくい人が1割、進行しやすい人が1割で、残りの8割の人はゆっくり進行していきます。
歯周病を予防するには、セルフケアだけでなく、歯周病の早期発見が重要です。早く異常がわかれば、その分早く手が打てます。そのためには、定期的に歯科医院で健診を受けることが大切。もし歯周病になっていて治療を受けたのなら、治療が終わったときが歯を守る新たなスタート地点です。再発を予防するために健診に通いましょう!
タバコは歯周病の進行を速めます。「タバコを吸っている人は、吸わない人より10年歯周病の進行が速くなる」と言えます。歯周病を予防するために、タバコはきっぱりやめましょう(加熱式タバコも同じです)。

Google +1
2020年3月 6日

フッ素で予防

フッ素には、歯垢(プラーク)の細菌の活動を抑えること、
溶けたエナメル質の修復、資質を強化するなど、虫歯の発生を防ぐ効果があり、
虫歯予防に有効な成分として注目されています。
乳歯や生えたての永久歯を強化するために、定期的なフッ素塗布をおすすめしております。

Google +1
2020年2月23日

ウィルスに負けないロイテリ菌

image.jpgじゅん歯科クリニック院長の熊谷です。
毎日毎日ウイルスの話題がニュースで伝えられていますね>_<
皆様も体調管理に十分にお気をつけください。
人の免疫力の源は小腸にあると言われています。最近、その働きで注目されているのがLロイテリ菌です。(バイオガイア)
スウェーデンでの労働者で行った80日間の実験でもロイテリ菌を摂取したグループは風邪などの細菌感染症で欠勤する割合が44%も減少することが証明されています。ぜひ、日頃の感染予防+口腔ケア に加えてロイテリ菌の摂取も試してみて下さい^_^

じゅん歯科クリニックでは、感染経路である口腔内環境を整えるタブレットを販売しています。

Google +1
2020年2月17日

お口のうるおい教室


年齢とともに起きてくる、お口のなかの唾液不足。
唾液不足になると、お口のなかがパサパサしたり、虫歯や歯周病のリスクが高まったり、口臭が強くなったりします。
お口の健康を守るためにも、歯磨き指導や食生活指導、プロの歯のお掃除を定期的に受けましょう。

また、お口の乾燥は、からだの病気が隠れていることもあります。
自己免疫疾患や甲状腺機能亢進症などの分泌異常、悪性貧血などの血液の病気、糖尿病や腎臓病などの代謝異常、唾液を分泌する神経の障害などの症状が、唾液分泌不足として現れることがありますので、油断しないようにしましょう。

Google +1

じゅん歯科クリニック
院長 熊谷 順也

院長 熊谷順也

当院は2015年9月、岩手県奥州市水沢区に開院したフレッシュな歯科医院です。
当院の目標は「すべては患者さまを笑顔に」。
この水沢にお住まいの方々のお口の健康をお守りすることです。お子さまからお年寄りまで、この地域の皆さまが安心して通院でき、最高の歯科医療が提供できる歯科医院でありたいと願っています。スタッフの明るい笑顔と気配り・きめ細かな対応で、患者さまとの信頼関係を大切にしていきます。

Google +1