« 2020年3月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年3月 6日

フッ素で予防

フッ素には、歯垢(プラーク)の細菌の活動を抑えること、
溶けたエナメル質の修復、資質を強化するなど、虫歯の発生を防ぐ効果があり、
虫歯予防に有効な成分として注目されています。
乳歯や生えたての永久歯を強化するために、定期的なフッ素塗布をおすすめしております。

Google +1
2020年2月23日

ウィルスに負けないロイテリ菌

image.jpgじゅん歯科クリニック院長の熊谷です。
毎日毎日ウイルスの話題がニュースで伝えられていますね>_<
皆様も体調管理に十分にお気をつけください。
人の免疫力の源は小腸にあると言われています。最近、その働きで注目されているのがLロイテリ菌です。(バイオガイア)
スウェーデンでの労働者で行った80日間の実験でもロイテリ菌を摂取したグループは風邪などの細菌感染症で欠勤する割合が44%も減少することが証明されています。ぜひ、日頃の感染予防+口腔ケア に加えてロイテリ菌の摂取も試してみて下さい^_^

じゅん歯科クリニックでは、感染経路である口腔内環境を整えるタブレットを販売しています。

Google +1
2020年2月17日

お口のうるおい教室


年齢とともに起きてくる、お口のなかの唾液不足。
唾液不足になると、お口のなかがパサパサしたり、虫歯や歯周病のリスクが高まったり、口臭が強くなったりします。
お口の健康を守るためにも、歯磨き指導や食生活指導、プロの歯のお掃除を定期的に受けましょう。

また、お口の乾燥は、からだの病気が隠れていることもあります。
自己免疫疾患や甲状腺機能亢進症などの分泌異常、悪性貧血などの血液の病気、糖尿病や腎臓病などの代謝異常、唾液を分泌する神経の障害などの症状が、唾液分泌不足として現れることがありますので、油断しないようにしましょう。

Google +1
2020年1月30日

夜中にストレス発散。それが歯ぎしり効果です。

おはようございます。
じゅん歯科クリニックースタッフです。

噛むことに、脳のストレスを発散させる働きがあるって知ってますか?睡眠中の歯ぎしりには、ストレスから身を守る大切な機能があります。歯ぎしりは本来、大切なコントロール機能です。ストレスで病気にならないように守ってくれています。ところが、歯ぎしりの中には、歯に過剰な負担をかけてしまう「悪い歯ぎしり」があり、これが歯を痛めてしまいます。

定期健診で症状がなくても噛み合わせ等、診てもらいましょう。
気になることがあれば、ご相談ください!

Google +1
2020年1月25日

歯周ポケットは歯ブラシできれいに磨ける?

こんにちは。
じゅん歯科クリニックスタッフです。
歯ぐきの溝のなかはプラーク(細菌のかたまり)がたまりやすい場所で、たまったプラークは歯周病の原因になります。
そのため、この部分を歯ブラシで注意してみがいているかたも多いことでしょう。
ですが、歯ブラシでは溝のなかのプラーク完全には取り切れません。
しかも、無理に溝のなかにブラシの毛先を入れてみがくことを続けると、歯ぐきが傷つきやせ、むし歯になりやすい歯の根面が露出してしまいます。
歯ぐきの深い溝や歯周ポケットのなかのお掃除も歯科医院にお任せください。

Google +1
2020年1月18日

酸蝕症について

こんちは!
じゅん歯科クリニックです!

酸蝕症は酸性の飲み物、食べ物や胃液に触れた歯の表面が広範囲に溶けます。
進行すると象牙質がむき出しになって、知覚過敏や虫歯が起きやすくなります。
酸性の物を飲食したら、水をひと口飲んだり、ゆすぐと良いですね。

Google +1
2020年1月10日

歯ぎしりによる被害、どうやって減らす?

おはようございます!
じゅん歯科クリニックースタッフです!

歯ぎしりによる被害、どうやって減らす?
就寝前にイメージトレーニングをしましょう。
自己暗示にかける方法です布団に入るときに、スヤスヤ気持ちよくねむっている姿をイメージしながら「歯ぎしりをしない」と繰り返し自分に語りかけます。簡単な方法ですが意外に効果があります。また、噛み合わせを修正したり、習慣や癖を直すことも効果があるそうです。
歯科医院での定期健診で診てもらうことをおすすめします!

Google +1
2020年1月 9日

じゅん歯科クリニック院長の熊谷です。
新年あけましておめでとうございます。

年末から雪の日も多くなり寒い日が続きます。
水が冷たくなると起こりやすいのがはの知覚過敏です。
虫歯でも歯はしみますが、すべてそうというわけではありません。
歯は力のストレスがかかるとしみるようになります。歯磨きのときに強く磨きすぎている場合、歯ぎしりや食いしばりなど噛み締める力が強すぎる場合など歯はしみるようになります。
ただ、時間が経てば治るものがほとんどですが気になる症状の強い方などは早めの受診をお勧めします^_^
 
じゅん歯科クリニックでは、知覚過敏の予防処置を行っています。

本年もよろしくお願い致します‼️

Google +1
2019年12月28日

不快な口臭のふかい話。


口臭には『生理的な口臭』と『病的な口臭』があります。

生理的な口臭は誰にでもあり、一時的なものです。
病的な口臭は、生理的口臭に比べ不快な臭いを持続的に発するもので、問題なのは病的な口臭になります。

においの主犯はお口の細菌で、特に歯周病菌は、たんぱく質を分解するときに強烈なにおいの硫黄化合物(卵が腐ったようなにおい)やメチルメルカプタン(玉ねぎが腐ったようなにおい)を生み出します。

また、歯周病のほかに大きなにおいの元となるのは、溜まった歯垢や舌の汚れ、象牙質に及んだ虫歯もにおいを発します!

舌ブラシを使用したり、洗口液を活用したり、まずは歯科受診が口臭対策の早道になります。

口臭が気になる方は是非歯科の受診を!


Google +1
2019年11月29日

むし歯を減らすうがい液、フッ素

おはようございます!
じゅん歯科クリニック−スタッフです。

むし歯を予防するために、保育園や幼稚園、学校で行われていて成果を上げているうがい液があります。それは、フッ素です。フッ素洗口と呼ばれる方法で、やりかたとしては、フッ素入りの洗口液でうがいをし、吐き出すだけです。
歯科医院や薬局でフッ素洗口のやり方の説明を受け、お家で試してみるのも良いでしょう。

Google +1

じゅん歯科クリニック
院長 熊谷 順也

院長 熊谷順也

当院は2015年9月、岩手県奥州市水沢区に開院したフレッシュな歯科医院です。
当院の目標は「すべては患者さまを笑顔に」。
この水沢にお住まいの方々のお口の健康をお守りすることです。お子さまからお年寄りまで、この地域の皆さまが安心して通院でき、最高の歯科医療が提供できる歯科医院でありたいと願っています。スタッフの明るい笑顔と気配り・きめ細かな対応で、患者さまとの信頼関係を大切にしていきます。

Google +1