« 2021年3月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2021年3月 2日

歯周治療は歯科医院のクリーニングだけでいいの?

こんにちは!
じゅん歯科クリニックースタッフです。

歯周炎は、バイオフィルムによる炎症反応が引き起こす破壊性の疾患です。その治療の根底をなすプラークコントロールは、歯肉縁上のコントロールと歯肉縁下のコントロールの両方で初めて完成します。プロフェッショナルケアで介入出来るのは年に数回だけで、それ以外の日々のセルフケアは患者さんにゆだねられています。歯科医院では縁下のコントロールを担当し患者さんには縁上のコントロールを担当していただきます。
定期検診でプロフェッショナルケアを受けながら、自分の口腔内管理しきましょう!
また、気になることがあればお気軽にご相談ください。

Google +1

プロポリンスをご存知ですか

こんにちは。

じゅん歯科クリニックスタッフです。

毎日歯はしっかり磨いていても、舌の上や頬の内側、歯茎までは磨いてない方が多いと思います。

実は歯と同じように、お口の中には汚れや食べかすがいっぱい残っていて、その汚れが口臭の原因になっています。

そこで大活躍してくれるのがプロポリンスです。

皆さんはプロポリンスをご存知ですか?

プロポリンスとは、口臭の原因を固めて洗い流してくれる新感覚のマウスウォッシュです。

なんと、吐き出したマウスウォッシュの中にたまった汚れがドロリと出てきて、取れた汚れを目で見て確認できるんです。

落とし切れていない汚れには、プロポリンスでお口の中全体をしっかり洗い流しましょう。

どなたでもお試しできますので、当院スタッフまでお気軽にご相談ください

Google +1
2021年2月 9日

予防歯科って何?

じゅん歯科クリニック院長の熊谷です。

最近、歯磨き粉のCMでも予防歯科という言葉を良く聞くことが多くなりました。
では予防歯科とは一体何なのでしょうか?

歯を削って詰めたり、被せたりするのは、歯が無くなってしまった部分への後始末。
結果に対するアプローチなのです。

それを起こしている原因は虫歯菌や歯周病菌で、歯軋りや食いしばりや食事の時に起きる力なのです。つまり、その原因を改善して、新たな結果を生じるのを未然に防ぐのが予防歯科なのです。

歯を自由に再生したり、元の状態に戻せたり出来れば、予防などしなくても大丈夫なのですが、それが出来ない現状においては予防こそが最善の治療なのです。

どんなに高価で高精度な治療よりも、生まれもっての健全な歯のほうが一生自分の歯で 健康に過ごす可能性が高いのです。
自分の歯磨きでは、限界があります。専門的なお掃除で自分の歯を守りましょう^_^

じゅん歯科クリニックでは、定期的なプロフェッショナルケアでの予防管理をお勧めします!


Google +1
2020年10月29日

酸蝕症とは

こんにちは!
じゅん歯科クリニック-スタッフです。

酸蝕症とはどのようなものか?
酸蝕症は原因となる酸の由来から、内因性と外因性に分かれます。内因性酸蝕症とは「胃液の酸によるもの」を指します。GERDや摂食障害などで胃液が直接口腔内に出て酸蝕が進行します。外因性酸蝕症とは、「口の外から入る食物や薬剤の酸によるもの」です。グレープフルーツなどの果物や炭酸飲料などの食物を頻繁に摂っていると、食品の酸により酸蝕が始ります。
自分で気付かないこともあるので、定期的歯科健診で診てもらいましょう(^_^)

Google +1
2020年10月17日

定期的なプロフェッショナルクリーニング

じゅん歯科クリニックの院長の熊谷です。
虫歯も歯周病も細菌感染症です
悪い細菌の数をコントロールして、上手く付き合っていければ、虫歯も歯周病も恐くない病気です。
365日歯医者さんに通っていただいて、プロのクリーニングを受けていれば虫歯や歯周病にはほとんど罹らないと言っても過言ではないのですが、それは、難しそうです。
1日3回歯を磨くとすると一生のうちで、約8万回磨くことになります。その8万回が自己流なのと、科学に基づいた自分にあった磨き方で磨くのとでは、結果は火を見るより明らかですよね。しっかり磨けるセルフクリーニングとプロフェッショナルクリーニングを上手く併用して、お口の良い環境を維持しましょう^_^
じゅん歯科クリニックでは、定期的なプロフェッショナルクリーニングをお勧めしています!

Google +1
2020年10月16日

唾液検査について

こんにちは。今日は当医院で行なっている唾液検査について書かせていただきます。
唾液検査では、虫歯菌、酸性度、緩衝能、白血球、たんぱく質、アンモニアの6項目を測定することができるので、虫歯、歯周病、口臭のリスクが分かります。
歯磨きが上手くできずに歯垢が多ければ勿論虫歯になりやすいですが、虫歯になる原因はそれだけではなく、生まれつき菌が多かったり、目に見えないところに原因がある場合もあります。
歯磨きをしているのに虫歯ができてしまう、口臭が気になる、口の中が粘つく、口が乾きやすい、、、そんな症状でお悩みの方におすすめです。
検査結果に基づいて、おすすめの歯磨き粉やお手入れの仕方、生活習慣のアドバイス等もさせていただきますので、気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。

Google +1
2020年9月 5日

ワンタフトブラシ

こんにちは、じゅん歯科クリニックスタッフです。
みなさん、ワンタフトブラシはご存知ですか?
ヘッドが小さく普通の歯ブラシでは届きにくい部分を磨くことが可能です。
狭い部分での操作もできるため、プラーク除去が効率よく行えます。
しっかり磨きたい場合には毛先が鋭角のものや、ソフトに磨きたい場合はしなやかにフィットするものを使用します。
矯正中やお子様、歯列不正がある方はいつもの歯磨きの時に取り入れてほしいと思います。
歯科医院においてあるので気になる方は是非ご相談下さい。

Google +1
2020年7月14日

「食後3分以内に、3分間、1日3回」は本当?

基本的に、この原則は今も有効です。ただし、食品の変化に伴って、注意しなければならないことが出てきました。それは「強い酸」の食品を食べたり飲んだりしたあとは、すぐに歯を磨かないほうがよい、ということです。強い酸に触れた歯の表面は、一時的に荒れた状態になっているため、この状態で食後すぐにブラッシングをすると、歯の表面が削れてしまう、という危険が出てきます。そのためにこの場合は、食後3分以内に磨くのではなく、むしろ酸によって荒れた歯の表面を唾液が中和して、ある程度回復してからブラッシングを行ったほうが良いこともあるのです。気をつけましょう。
じゅん歯科クリニック スタッフ

Google +1
2020年7月 7日

口腔乾燥症

口腔乾燥症〔ドライマウス〕
原因は口呼吸、薬の副作用、唾液腺分泌障害、糖尿病などがあります。
口の中が乾燥すると、唾液によって洗い流せれるはずの食べカスが残ってしまい、虫歯や歯周病が生じやすくなります。
当院では、湿潤剤や保湿剤のご用意してますのでお声かけ下さい。
理学療法のマッサージもおススメです。

Google +1
2020年6月22日

歯間ブラシとデンタルフロス


どんなに丁寧に上手に歯磨きが出来る方でも、歯ブラシ1本でお口を清潔に保つことは不可能です。

歯ブラシの通らない歯と歯の間はデンタルフロスの使用が有効です!

また、歯の根元周りは歯ブラシが当たりにくいため、歯間ブラシのしようが有効になります!

歯ブラシにプラスして、補助清掃用具を使用し、効率よく綺麗なお口を保ちましょう!

当院では、セルフケア用品のセットを販売をしております。
お子様用もありますので、ぜひご家族でご利用下さいね。

Google +1

じゅん歯科クリニック
院長 熊谷 順也

院長 熊谷順也

当院は2015年9月、岩手県奥州市水沢区に開院したフレッシュな歯科医院です。
当院の目標は「すべては患者さまを笑顔に」。
この水沢にお住まいの方々のお口の健康をお守りすることです。お子さまからお年寄りまで、この地域の皆さまが安心して通院でき、最高の歯科医療が提供できる歯科医院でありたいと願っています。スタッフの明るい笑顔と気配り・きめ細かな対応で、患者さまとの信頼関係を大切にしていきます。

Google +1